専業主婦が借りれる総量規制対象外カードローンって?

専業主婦と総量規制対象外カードローンの関係とは?

総量規制というのは、貸金業者を規制するため、貸金業法という法律に定められている「貸付してもよい上限額」を決めたものです。具体的には、貸金業者がお金を貸す場合、「お金を借りる人の年収の3分の1超の残高となってはいけない」という内容のものです。たとえば、年収が300万円の人への融資なら、貸金業者からの融資の合計は、100万円を超えてはいけないというものです。

ポイントとなるのは、「貸金業者」に消費者金融やクレジットカード会社が含まれているものの、銀行は、貸金業者ではないという点です。銀行は、貸金業法の規制を受けませんので、総量規制対象外ということになります。

つまり、お勤めをしていない専業主婦にキャッシングする必要が生じたときは、融資が禁止されている消費者金融を選ぶのではなく、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶべきだということです。銀行のカードローンなら、年収の3分の1を超える融資も不可能ではありません。すべての銀行が専業主婦に融資しているわけではありませんが、専業主婦も利用できる銀行カードローンを選べば、専業主婦でも30万円~50万円を上限にお金を借りることは可能です。

専業主婦は総量規制対象外カードローンを選択!

専業主婦は利用できる銀行カードローンを選択!

総量規制は、2010年6月18日の改正貸金業法の施行により始まりましたが、これによって、専業主婦がお金を借りられなくなったわけではありません。一定の利用の制限はありますが、総量規制対象外カードローンを選べば、借入れできる金融機関が見つかります。

ただし、すべての総量規制対象外カードローンに専業主婦が申し込めるわけではありません。金融機関によっては、「収入があること」や「年収○○円以上」といった、年収に関する申込条件がある場合があるからです。

専業主婦が利用できるカードローンは、「お勤めをしていない専業主婦でも申し込めます。」と必ず記載があります。気になる金融機関のホームページにアクセスし、自分が申し込めるかどうかを確認することから始めてください。

専業主婦のカードローン申込みに必要な書類とは?

専業主婦のカードローンの申込みに「旦那の同意書」などが必要か、と心配する人がいますが、旦那の同意なしに申し込めるカードローンがあります。旦那の同意を必要としないカードローンなら、専業主婦が用意する書類は「本人確認書類」だけです。

本人確認書類は、カードローンに申し込んだ本人であることを証明するもので、基本的には、運転免許証のことを指しています。もちろん、運転免許証の交付を受けていない主婦については、健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードなどを用意するのが一般的です。

また、専業主婦には、自分名義の収入がありませんので、収入証明書の用意も必要ありません。運転免許証さえあれば申し込める銀行がほとんどですので、書類については、あまり気にする必要はないと思います。

総量規制対象外で即日融資を受けるには?

即日融資が必要となっている専業主婦は、申込方法とカードの受取り方法に注意が必要です。

まず、カードローンの申込み方法では、必ず「インターネット申込み」を選ぶようにしてください。インターネット以外の電話や郵送、FAXなどの申し込み方法が用意されていることもありますが、ホームページから申し込むのが最も迅速です。

また、即日融資を受けるには、申し込んだ当日中に「審査結果の回答」を受ける必要がありますので、審査が「最短30分」などの説明を参考にカードローンを選ぶと良いでしょう。

なお、振込キャッシングではなく、カードを使って融資を受ける方法を選ぶなら、自動契約機が用意されていることが前提となります。インターネット申込み後、カードを自動契約機で受け取ることで、当日中にカードを使って融資を受けることが可能になります。

ただし、ローン会社の自動契約機には、それぞれ営業時間が決められています。24時間いつでも契約機が使えるわけではありませんので、できるだけ早めに行動することが重要になります。

返済計画をしっかりと考えよう!

専業主婦が借入れをした後は、通常、家計のやりくりのなかでローンの返済をしていくことになります。家計簿をつけていない専業主婦もいると思いますが、まずは、毎月の収入と支出を把握し、「毎月、いくらまでなら返済できるか?」を理解するようにしてください。

毎月の返済可能な金額が分かれば、「いくらまで無理なく借入れできるか?」ということも分かるようになります。その上で、返済シミュレーションなどを活用すれば、無理のない借入れが実現できるようになります。

今は、借入れすることで頭がいっぱいかもしれませんが、借入れした後のこともよく考えるようにしましょう。

専業主婦に人気の総量規制対象外カードローン

専業主婦に人気の総量規制対象外では、三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックやみずほ銀行カードローンなどに人気があります。

バンクイックは、テレビのCMでもお馴染みですが、「最短30分」という審査の早さに定評があります。自動契約機も用意されているので、カードの即日発行も不可能ではありません。

また、みずほ銀行に口座がある専業主婦なら、みずほ銀行カードローンもおすすめです。最短即日で審査結果の連絡が受けられ、すでに発行されているキャッシュカードでの借入れが可能です。新たなカード発行なしでも利用できますので、カードが旦那に見つかる心配がありません。

どちらも、専業主婦への融資を「上限30万円まで」としていますので、家計のやりくりには、十分なお金を用意できると思います。

専業主婦のカードローンに関するQ&A

Q. 仕事をしていない専業主婦は、どうして消費者金融のカードローンが利用できないのですか?

A. 消費者金融は、信販会社やクレジットカード会社などと同じく、「貸金業者」という業種になります。貸金業者は、貸金業法という規制の下でサービスを提供していますが、この貸金業法という法律に「総量規制」があります。

総量規制というのは、年収の3分の1を超える融資をしてはならないというものですので、貸金業者、つまり、消費者金融は、年収の3分の1までしか融資できないことになります。

お勤めをしていない専業主婦には、自分名義の収入が1円もありませんので、残念ながら、貸金業者である消費者金融のカードをローンは利用できないというわけです。

Q. 専業主婦は、旦那の同意がないと総量規制対象外でもカードローンが利用できないのですか?

A. 旦那の同意がないと申込みができなかったり、旦那について審査を行う銀行があるのは事実ですが、それは、ごくまれなケースです。一般には、専業主婦であっても、自分だけの責任で総量規制対象外カードローンへの申込みが可能です。

また、カードローンの申込みに、「自分や旦那の収入証明書類が必要か?」と心配する人もいますが、本人確認書類だけで申し込める銀行がほとんどです。本人確認書類は、カードローンに申込みをした本人だということを証明する書類で、運転免許証やパスポートなどのことです。運転免許証などがあれば申し込めるので、気軽に利用している専業主婦も多いのではないでしょうか。

Q. 総量規制対象外カードローンなら、専業主婦でも申し込めますか?

A. 専業主婦は、総量規制の対象となっているカードローンには申し込めませんが、総量規制対象外であるからといって、必ず申し込めるわけではありません。銀行によっては、年収についての制限を設けている場合もありますので、「総量規制対象外なら申し込める可能性がある」と考えるようにしてください。

専業主婦が申し込めるカードローンなら、必ず「お勤めをしていない専業主婦でも申し込めます。」という記述があります。気になるカードローンが見つかったら、商品説明の「お申込条件」を確認するようにしてください。

専業主婦のカードローン体験談

旦那にバレるのを心配していましたが、無事に内緒でお金を借りることができました。希望している金額が10万円と少なめでしたが、無事に借りることができてほっとしています。総量規制対象外について理解しておくことが、専業主婦の借入れでは、本当に重要になるんですね。

総量規制対象外カードローンで30万円の限度額が認められました!申込み前は、「旦那の同意が必要」だと思っていましたが、自分だけの責任でお金って借りられるんですね!申し込んだ当日中に現金を受け取ることができたので、審査結果を待っている間のイライラもなかったですよ!

カードローンは2社目でしたが、総量規制対象外でカードを作ることができました。専業主婦は審査が厳しいと聞いていましたが、2社目でも借入れができないわけではないんですね!今後は、ローンの返済のことも考えて、少しずつ節約していかなければと思っています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ